む日焼け止めサプリの成分を調べる

む日焼け止めサプリの成分を調べる

夏にみんなで海に行く計画をするかもしれません。

 

女の子にとってはビキニを着る機会になりテンションは上がるかもしれませんが、海に行くと絶対に日焼けをするのでそれだけが懸念されるところです。

 

朝早くとか夕方であればまだましかもしれませんが、そうもいかないのが現実であり、日中の一番暑い時間帯にビーチに到着するようになってしまうかもしれません。

 

そんなときには欠かせない紫外線アイテムとしてのクリームがあるのですが、飲む日焼け止めサプリというものがあり、特に若い女性たちに人気になっていますが、いったいどんな成分が入っていることで日焼け止めになるのか調べてみることができるでしょう。

 

そしてその効果を納得することができれば購入してそのサプリを摂取してみたいという気持ちになるに違いありません。

 

基本的にはそのようなサプリはビタミンCなどの抗酸化作用のある成分が豊富に含まれているということで、活性酸素から肌を守ってくれることになります。

 

また日焼けに効果を発揮する成分であるリコピンやビタミンE、ルテインなども配合されているということで、やはり十分に効果を期待できる商品であるという確信を強める事ができるに違いありません。

より完璧に塗るタイプから飲む日焼け止めへチェンジ!

 

10代の頃には全く日焼け対策をしなかった結果、20代の後半にその分のシミが一気に目立つようになってしまい、それからは絶対焼かないように日焼け対策にはずっとSPF50の日焼け止めを愛用していました。

 

冬でもファンデーションの下地に塗って欠かさないようにしていましたが、年齢を重ねるごとに肌の状態が不安定になったのを肌荒れという形で実感し始め、ある時ずっと使い続けていた日焼け止めを塗った後に肌が痒くてたまらなくなりました。

 

日焼け止めも年齢に合わせて肌に優しいものをと探していたところ、近頃は飲む日焼け止めがあるということを知り驚きました。

 

服用、というところがちょっと怖かったのですが調べてみるとサプリメントだったのでこれなら試せそうだと思い使ってみることにしました。

 

塗るタイプの日焼け止めと違い若干値段は高めですが、肌に優しいSPF弱めの塗るタイプの日焼け止めと併用することに。

 

外出前に飲んでおくだけで、汗で日焼け止めが流れてしまうのを心配する事もなくストレスなく外出できます。

 

今年の夏はいつもより外に出る機会が多かったですが、サプリメントのお陰かダメージは少なく感じます。

 

夏に受けた肌のダメージは秋に涼しくなってからなので、いつもの夏と比較するのが楽しみです。